So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク




陽だまりの彼女 ブログトップ

陽だまりの彼女 ネタバレ 結末 [陽だまりの彼女]

陽だまりの彼女 ネタバレ 結末についてふれています。
越谷オサムの小説が原作となっていて、映画化されました。
上野樹里と松本潤の共演で話題になっていますが、本当に上野樹里にぴったりな役だったんで、
原作読んでみて映画を観るのが楽しみになりました。
といっても結末は泣いちゃうんですけどね・・・。
ここから結末にかけてネタバレあるのでご注意ください!


中学の頃にいじめられていた真緒をかばった浩介、それから真緒は浩介といっしょにいるようになり、
キスもしたけど結局、浩介が転校してしまい離れ離れに。
その後10年がたち社会人になってから二人は再会を果たす。
きれいになった真緒に恋をした浩介は真緒をデートに誘って、それから二人は恋に落ちる。
将来を誓い合い、両親にも挨拶に行き、真緒の秘密をしるのです。
真緒の両親は実は本当の親ではなく養子にもらってくれたのです。それまでの記憶がないのです。
それでも結婚する気持ちは変わらず親の反対をおしきってまでも結婚するのですが、
真緒は姿を消してしまいます。
それは真緒が猫だから。猫が人間に変身していたから。
寿命がきて死期を悟ったから居なくなったのですね。
でも、結婚指輪をつけた猫が浩介の前に現れるのです・・・・
それを浩介は真緒の生まれ変わりだと思うのです。
そして一緒に暮らし始めます。
読み終わった後にすごく切なくなってキュンってして、泣いちゃいました。
2人はそれでも幸せなんでしょうね。
ハッピーエンドとは言えないけどハッピーエンドなのかも。


陽だまりの彼女 関連商品を探すなら>>
松本潤 関連商品を探すなら>>
上野樹里 関連商品を探すなら>>




スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
陽だまりの彼女 ブログトップ
割引券

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。